障害年金・一人親方労災保険 office-yk.com 河合事務所のホームへ 河合事務所のホームへ
障害年金とは労災保険とは雇用保険とは相談・お問合せフォーム相談料について河合事務所 ご案内河合事務所のホームへ
障害年金・一人親方労災保険 河合事務所
【障害年金・サブメニュー】
障害年金について障害年金無料相談フォーム相談事例その1相談事例その2冊子の販売
ドット 障害年金 無料相談受付中
区切り
ドット 一人親方の労災加入 受付中
区切り
ドット 労災保険料が計算できます
区切り
ドット 雇用保険料が計算できます
区切り
ドット 年金のしおり(小冊子)販売中
ドット 障害年金冊子販売中
 ・無料相談会のまとめ
 ・無料相談会のまとめNo.2
ドット

「障害認定基準」冊子販売
 ・平成23年9月1日改正対応
 ・平成24年9月1日改正対応

 

 

 

 

区切り
ドット

社会保険労務士・行政書士

     河合泰信事務所
区切り
併 設
・労働保険事務組合
  札幌社会保険代行社
・北海道労災保険建設協会
  一人親方組合
〒001-0911札幌市北区
新琴似11条9丁目9番2号
電話:(011)765-8649
FAX:(011)765-8659
事務所案内図
リンク
  ご相談内容は暗号化技術により安全に守られます。
障害年金は請求しないともらえません

「年金は年をとらないと関係ない!」とお思いの方はいらっしゃいませんか?国の障害年金制度は、ケガや病気で障害が残った方にその後の所得保障をする制度です。たとえば20歳前に統合失調症で初めて医師にかかり、同じ症状が現在も続いていて障害等級に該当するような方は、障害基礎年金を受けることができます。けっして若者に無関係な制度ではありません。障害年金は請求しないと受けられません。手続きに必要な書類の準備、作成は複雑です。ご質問がありましたらお気軽に無料相談をご利用下さい。

「障害認定日」は、初診日から起算して@1年6ヶ月を経過した日またはそれ以前に治った場合は治った日をいいますが、以下のような場合は@と比較し早いほうの日をいいます。
(1)片腕を切断したようなけがの場合は、原則切断日。
(2)人口透析の場合は、透析開始してから3ヶ月を経過した日。(障害等級は2級)
(3)心臓ペースメーカー、人工弁を装着した場合は、装着日。(障害等級は3級)

障害年金のしくみ

1.障害年金を受けるための条件

1.初診日(初めて医師にかかった日)が被保険者期間中にあること。
2.保険料の支払いが、一定の条件を満たしていること。
3.障害認定日に障害の程度が障害等級に該当すること。
4.20歳前に病気やケガで障害になり障害の程度が障害等級に該当する場合。
5.被保険者でなくなった後60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいる間に
 初診日のある傷病で障害となった場合。

2.国民年金
国民年金には、障害基礎年金があり障害等級は1級と2級です。

国民年金 障害基礎年金 1級 障害基礎年金2級
重い 軽い
3.厚生年金

1.厚生年金には、障害厚生年金があり障害等級は1級、2級、3級です。
2.障害厚生年金1級、2級の該当者は、障害基礎年金が同時に受け取れます。
3.年金に該当しない障害の程度の人で、条件が整えば障害手当金があります。

厚生年金 障害厚生年金1級 障害厚生年金2級

障害厚生年金3級

障害手当金
国民年金 障害基礎年金 1級 障害基礎年金2級
重い 軽い
4.共済年金

1.共済年金には、障害共済年金があり障害等級は1級、2級、3級です。
2.障害共済年金1級、2級の該当者は、障害基礎年金が同時に受け取れます。
3.年金に該当しない障害の程度の人で、条件が整えば障害一時金があります。

共済年金 障害共済年金1級 障害共済年金2級

障害共済年金3級

障害一時金
国民年金 障害基礎年金 1級 障害基礎年金2級
重い 軽い
1.障害基礎年金

障害基礎年金の額は (年額) 1級 990,100円
               2級 792,100円です。

障害等級

子の数*

0人

1人

2人

3人

1級

990,100円

1,218,000円

1,445,900円

1,521,800円

2級

792,100円

1,020,000円

1,247,900円

1,323,800円

子の数→子とは、18歳になった年度末までの子および20歳未満の障害の子をいいます。
2.障害厚生年金

障害認定日に属する月までの給与(賞与)の平均をもとに、平均標準報酬月額および平均標準報酬額を計算し障害厚生年金額(報酬比例部分)を算出します。

 原則の計算式 障害厚生年金={(1)+(2)}×スライド率

(1)平均標準報酬月額×7.125/1000×平成15年3月までの被保険者期間の月数
(2)平均標準報酬額 ×5.481/1000×平成15年4月以後の被保険者期間の月数

*従前額保証計算には、上記7.125/1000は7.5/1000を、
 5.481/1000は5.769/1000を使用します。
*平成18年度のスライド率は、0.985です。従前額保証計算には
 1.031×0.985を使用します。

障害年金について障害年金無料相談フォーム相談事例その1相談事例その2障害年金冊子
ホームへお問合せ特定商取引・返品特約についてプライバシーポリシー免責事項このページのトップへ
Copyright (C) 2005 office-yk.com All Rights Reserved.